こんばんは、ボウズノイサオです。

秋競馬の開幕週はいかがでしたでしょうか? 私は悪戦苦闘、今日の中山メインの的中が出るまで利確が出ないほど苦しんでしまいました(汗)


レース回顧.jpg


というわけで、時間も時間なので今日行われた各重賞をざっと振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

セントウルステークス


このレースはハナからケンしていたレースでしたが、先日も触れましたように、人気の一角フィドゥーシアは大敗してしまいましたね。

それはそれとして、ファインニードルの勝ちっぷりはなかなか良かったです。

展開に恵まれた部分は多少はありますが、レース内容は文句なしでしょう。混沌としているスプリント路線だけに、次のスプリンターズSも要注意すべき一頭になるような気がします。

そしてもう一頭、ダンスディレクター(3着)も地力のあるところを見せてくれました。

上位陣とはコース取りの差が出てしまっただけですし、後ろの組にはやや不利な展開だったわけですから、休み明け緒戦としては十分な結果を残せたと思います。年齢的に大きな上積みはどうかと思いますが、実績上位の存在なので、本番もあそう軽くは扱えないような気がします。


京成杯オータムハンデ


こちらはグランシルクが、今までとはまるで別馬のような弾けっぷりで他馬を圧倒したのが印象的でした。

相手に恵まれた部分はあるにしても、中山マイルであのような勝ち方は、能力の裏付けがないと出来ない芸当。一応、馬券購入時に狙い馬の条件を満たしていたので複勝を購入しましたが、単勝勝負でもよかったぐらいです(笑)

他の人気馬についてですが、ボンセルヴィーソ(11着)はあの競馬では持ち味が生かせませんので、この負け方も仕方ないのかもしれませんが、春から比較して成長感に乏しかったのがちょっと気がかりでしたね。

次にマルターズアポジー(4着)ですが、これはやはりトップハンデが影響していたように思います。実際、他の先行勢は壊滅状態の中、唯一掲示板を確保したわけですし、やはり地力はあります。この後もレースがかみ合えばG3ならばいつでも勝ち負けしそうです。

そしてブラックスピネル(12着)は、中間の動きが今一つだったように、まだ仕上がり途上といったところでしょう。レース自体は上手く流れに乗ってはいましたが、直線を向いた頃にはもう余力無しといった感じでした。ただ、それでも負けすぎな感は否めないので、ここを叩いてどこまで上積みが見込めるか、次走も注意が必要になると思います。


以上、ざっとレースを振り返りましたが、今週はブログ記事の更新時間を変更しようかなと考えています。早くも自分のペースに合わない部分が出てきてしまいましたので(苦笑) その辺の話はまた追々しますね。

それではこの辺で失礼します。

カテゴリ
タグ